手島右卿

略年譜

           
年号 西暦 年齢 略        歴
明治34 1901 高知県安芸町(現安芸市)に生まれる。本名南海巍(なみき)
大正4 1915 14 川谷尚亭の門に入る。
 昭和8 1933 32 南海書道会を興し、競書誌「南海書聖」を主宰する。
10 1935 34 上京。比田井天来の門に入る。書道芸術社同人に推される。
12 1937 36 第1回大日本書道院展で特別賞を受賞。同院参事、審査員、書学院教授に任じられる。
14 1939 38 蒼龍社を結成する。「尚亭先生書話集」を編集発刊する。
17 1942 41 興亜書道展審査のため南京へ出張。
21 1946 45 終戦後直ちに書壇再建運動に奔走。(財)日本書道美術院結成に参画、理事企画部長となる。
22 1947 46 書道芸術院結成。総務理事となる。
23 1948 47 毎日新聞社主催第1回日本総合書芸展(現毎日書道展)が開かれ、運営委員、審査員となる。
第4回日展に第五科「書」が新設され、委嘱出品。
25 1950 49 日本書作院結成。副会長に推される。第6回日展審査員。
26 1951 50 (社)日本書道連盟設立。理事となる。
27 1952 51 独立書道会(現独立書人団)を結成。代表となる。
30 1955 54 欧州巡回「墨の芸術展」と、翌年のアメリカ巡回展に出品。
32 1957 56 朝日新聞社主催第1回「現代書道二十人展」に依嘱出品(以降連続出品)
サンパウロ・ビエンナーレ展に日本代表書家として、はじめて参加出品。
33 1958 57 リュッセル万国博「近代美術の五十年展」に日本代表として特別指定出品。
最高殊勲金星を受賞。
34 1959 58 「右卿臨書集成」を発刊する。
36 1961 60 訪中書道使節として、中国各地を歴訪。
41 1966 65 専修大学に文学部が新設され、初代教授に就任。
日本書道専門学校を創設して、初代校長となる。
42 1967 66 東京三越本展で個展開催。同展に対し、翌年書道界初の「毎日芸術賞」が贈られる。
44 1969 68 ベルギー国主催「右卿とその一門展」開催。外務省第1回訪欧文化使節団長として渡欧。
高知県安芸市名誉市民に推挙される。
45 1970 69 講談社刊「現代書事典」の「少字数・象書篇」を監修。
日本万国博覧会(大阪)世界美術館に「飛」を指定出品する。
46 1971 70 毎日新聞社主催による「書業五十年手島右卿自選展」を東京で、翌年大阪で開催。
48 1973 72 東京で「手島右卿名筆展」を、続いて翌年愛知・高知で個展を開催。
50 1975 74 パリで「右卿とその一門展」を開催。外務省第2回訪欧文化使節団長として渡欧。
51 1976 75 東京で「右卿新作小品展」を開催。勲三等旭日中綬賞を受ける。
56 1981 80 静岡で「巨匠手島右卿書作展」を開催。
57 1982 81 アメリカ、ミネソタ州セントポール市、イリノイ州エバンストン市、二会場で、
「手島右卿とその一門展」を開催。
文化功労者顕彰を受ける。
60 1985 84 中国、北京革命歴史博物館中央大正庁で日本人として初の「日本手島右卿書法展」を開催。
62 1987 鎌倉市で没する。 (享年85歳)